TOP

にゃんにゃん風俗体験談

ガールズバーの女性のファッション

ガールズバーに勤めている女性のファッションとなると色々とコスプレしたりとお店の指定の格好があると思いますが、今回は路上で客引きをしている女性「たちんぼ」の女性のファッションについて語ろうと思います。まず、圧倒的に多いのがパーカーを着ていることです。パーカーというのはかなりラフな格好な部類に入りますので、普通はそれほど多用する機会はないでしょう。結局は部屋着になっているなんてケースが多いほど、格好としてはあまり様にならないものです。しかし、ガールズバーの女性が来ている場面をよく見かけます。おそらくはB系というか少しワルなイメージがあるファッションスタイルとして多様しているのでしょう。ですが、残念なことにお店・ビジネスという視点から考えるとそのようなスタイルは当然好ましくありません。路上で客引きをするにしても、見る人からすると『道端でたむろしてる不良!?』というような印象を与えてしまうでしょう。こういった状況は、そもそもガールズバーに勤める女性の質や部類が関わっている傾向が強いです。社会でまともに働けず、身体1つでキャバクラや風俗でも勝負できないようなレベルの女性が多いのです。見た目は絶対に大事です。そこを重要視して改善できるほどビジネスとしてしっかりと考えられているものではなく、適当でも成立するだろう的な考えがあるものがガールズバーなのでしょう。そう考えると非常にチャライ商売です。結局はそれでも利用してしまうような部類の男性を相手にするわけですから、業界ジャンルのイメージも改善できるわけがないのです。社会の底辺とも言えるガールズバーも、ビジネスとしてはまだまだ発展性がない業種なのかもしれません。ほとんどの場合はピンサロなどに誘導される温床となる業界ですので、働き手の女性の意識はとても影響力があるでしょう。


五反田・品川のガールズバーCherry(チェリー)

緊張してしまった話

決してたまにしか利用しないって事ではないんですけど、あまりにも綺麗な子が来たので緊張してしまった話です。いつも通りデリヘルに電話してあれこれ話てお店から「自信がありますよ」って言われた美奈を指名しました。お店の自信の程を見せてもらおうって思っていたんですけど、いざ美奈が目の前に現れたらそんな気持ちなんて一瞬で吹き飛んでしまいました。とにかく可愛い!目が大きいし、胸もある。笑顔も可愛い!この子とこれからプレイするのかって思ったら自称風俗マニアの自分なのにどんどん緊張してしまいました。でも興奮からくる緊張だった事もあって「息子」の方はかなりビンビンになってしまっていましたね。それに緊張感のおかげでか、プレイの最中心臓がバクバクしていたのに自分でも気づきました。ここまで興奮しながらのプレイは最近の風俗ではあまり感じなかった事もあって快感だけじゃなくて、雰囲気そのものまで楽しめたんじゃないかなって思いました。


西船橋 風俗【戸惑いのひととき】

半年ぶりのリピ

半年前にも利用したんですが、半年ぶりに某デリヘル店のじゅりちゃんという嬢とプレイをしてきました。 前回、抜群過ぎる美少女ルックと、スレンダーな56センチというウエストの持ち主にも関わらず、おわん型でキレイな形をした87センチのEカップバストを持っているという最強クラスの嬢なんです。 半年前はデビューしたてといったタイミングだったのですが、その半年間にそのパーフェクトルックスが話題になったらしく、大人気嬢になっていました。 半年前だし、一度しかプレイしていないため、覚えていなくて当然かなと思ったのですが、しっかりと僕のことを覚えていて、また指名してくれてありがとうと丁寧にお礼を言ってくれます。 この一言でかなり惚れましたね。 人気が出るのも分かる気がしました。 プレイはというと、新人の頃とは比べ物にならないくらいにディープなサービスを提供してくれるようになりましたね。 裏筋もいやらしく舐めてくれるし、奥まで咥えるディープスロートも習得していました。


交際クラブ情報サイト ROYAL